2009年11月26日

恋愛詩

温かい その手に

この身ゆだねても

いいのでしょうか・・

優しい言葉を

鵜呑みにしても

いいのでしょうか・・

躊躇いがあるのは

過去の深い傷

中途半端な優しさで

こころ揺すぶられては

まるで持て余した人形を

捨てるように

いともあっさり

去って行った人たち

中途半端な優しさは

罪を生むと知ってか知らずか

甘い言葉を囁いては

裏切っていった人たち

自分でさえ持て余す心の虚しさも

淋しさも哀しさも切なさも

すべて受け止めてくれる人など

いないと分かっていて

それでも目の前に差し出された

温かい手に触れてしまう弱いわたし

今度こそ・・・・

信じてもいいですか・・・

永遠の人と・・・

                             雨上がりの空に

                             くっきり浮かんだ

                             虹の架け橋

                             切なさ 虚しさに

                             打ちひしがれた心に

                             湧いてくる希望 夢

                             この橋を渡り

                             貴方に逢いにゆけたら

                             溢れる想いぶつけるのに

                             きっと貴方は優しく抱いて

                             零れる涙を拭ってくれるでしょう

                             やがて 無情にも儚く

                             虹は溶け 空に混ざり合い

                             ひと時の夢から覚め

                             橋の消えた空を

                             いつまでも見つめる

                             わたしがいた・・・


眩いばかりの星屑の中

ひと際煌いている星

それが貴方じゃないかと思った時

一筋の涙が頬を伝いました

posted by ヒロ at 14:39| Comment(2) | TrackBack(1) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月13日

都々逸

駄目でもともと告ってみたが受け取り拒否はちと辛し


しわがしみがと気にしちゃいるが心の中はまだ二十歳


惚れて捨てられ惚れられ捨ててままにならない恋幾多


過去と現在行ったり来たり未来を思う余裕なし


好きなあなたが見つめる花は純情可憐な白野菊


小指と小指絡めてみても叶う筈ない夢もある


グラスカチンと合わせる二人合わせられない下半身


秋の夜長は人肌恋し湯たんぽ抱いて夢うつら


胸に温めの燗押し付けて君の体温感じてる


閉ざしたままの氷のこころ開けよ開けよと熱い息

posted by ヒロ at 08:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 都々逸 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月11日

完走報告(しおり)

昨年に引き続き何とか無事完走することが出来ました。一首に苦しみ前に進めない日々もいい思い出になりました。主催の五十嵐さま、同走の皆さま、有難うございました。
posted by ヒロ at 08:19| Comment(2) | TrackBack(2) | 題詠blog2009 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月10日

100:好(しおり)

好きなのと告げた言葉は曖昧にはぐらかされて浮遊したまま
posted by ヒロ at 08:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 題詠blog2009 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

099:戻(しおり)

奪われた心は未だ戻らない愛してくれぬ人の周りで
posted by ヒロ at 08:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 題詠blog2009 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。