2008年11月18日

都々逸

しがらみぷつり 断ち切ることの          (人目を忍ぶ恋逢瀬・・)
 
         出来ぬ二人のホテル恋
 
 
添い遂ぐことの 出来ない身でも         (いつもあなたを思っています)
 
         心はすべて捧げます
 
 
連れ立つ人と 途中で別れ                           (見守っててね・・)
 
         ひとりふらふら迷い道
 
 
頬杖ついて ため息ひとつ                             (秋は何故か物悲しいですね)
 
         恋に患う 秋夜長
 
 
米に柿栗 実りの秋に                (片恋辛し・・・)
 
         何故に実らぬ恋一つ
 
 
あちらに着こか こちらに着こか           (ひとりでも淋しくないよ←強がり)
 
         ひとり空ゆくはぐれ雲
 
 
逃げ道塞ぎ 問い詰めてゆく             (キツイですよ・・)
 
         あれまわたしは サド女
 
 
安いアパート 薄壁越しの                                (まる聞こえ^^;)
 
         隣のおいに返事する
 
 
あなたの色に 染められたいと                         (可愛い昔もあったんだけど・・)
 
         言ったわたしの色に染め
 
 
好きでたまらぬ 人より好いて                          (好きって言ってくれる人が好き^^)
 
         くれるあなたに縋りたい
 
 
ちょっと恥ずかし 夕べの秘密                         (昼は淑女 夜は娼婦がいいのかな?)
 
         あんなことやらこんなこと
 
 
やはりわたしじゃ 物足りないの                      (こっちを見てね・・)
 
         エ ロいビデオを見る背中
 
 
並ぶ松茸 品定めする                                   ((*/ェ\*) 恥ずかしい☆)
 
         おばさんの目は爛々と
posted by ヒロ at 17:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 都々逸 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/109855971

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。