2009年11月13日

都々逸

駄目でもともと告ってみたが受け取り拒否はちと辛し


しわがしみがと気にしちゃいるが心の中はまだ二十歳


惚れて捨てられ惚れられ捨ててままにならない恋幾多


過去と現在行ったり来たり未来を思う余裕なし


好きなあなたが見つめる花は純情可憐な白野菊


小指と小指絡めてみても叶う筈ない夢もある


グラスカチンと合わせる二人合わせられない下半身


秋の夜長は人肌恋し湯たんぽ抱いて夢うつら


胸に温めの燗押し付けて君の体温感じてる


閉ざしたままの氷のこころ開けよ開けよと熱い息

posted by ヒロ at 08:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 都々逸 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。