2008年08月02日

     「生き方」
自分の心に想い出をすべて詰め込み
蓋をして幸せの状態を保とうとしている私
新しい出来事にも壁を作り
頑なまでに心を閉ざそうとしている
これが幸せな生き方なのか
不幸せな生き方なのか分からないけど
こういう生き方しか出来ないのです

   
              「すべて必要」

         春の日の心地よさを感じるには
                   冬の寒さがあればこそで
         冬の寒さを感じるのは
                   春の日差しの暖かさがあるから
         雨の日の鬱陶しさを感じるのは
                   晴れの日の爽やかさがあればこそで
         晴れの日を嬉しく感じるのは
                   雨の日の憂鬱さがあればこそ
         暗闇が目立つには
                   明るい太陽が必要で
         明るさを感じるには
                   暗闇が必要
         静けさを感じるには
                   喧騒を知り
         賑やかさを感じるには
                   静寂を知る必要がある
         楽しさを感じるには
                   淋しさを感じる必要があり
         淋しさを感じるのも 
                   楽しさを感じられたから
         男のたくましさを知るには
                   女のか弱さが必要で
         女のか弱さを知るには
                   男の頼もしさが必要
         美しさを目立たせるには
                   醜さの引き立てが必要で
         醜さに目が留まるのも
                   美しさとの比較故
         このように世の中のもの
                   すべて対になっている
         そして不必要なものなど
                   何もない・・・・・
posted by ヒロ at 11:47| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

悲しい事 切ない事 辛い事
私の胸に突き刺さっている
けれど・・・・・
嬉しい事 楽しい事 ステキな事
私の胸を充たしてくれてる
だから今日も生きられる


              花びんにさされた一輪の薔薇
              ピンクの花びらは 喜びの色
              黄色の花びらは 希望の色
              そして・・・
              深紅の花びらは 嫉妬の色


今の私はヒビの入ったガラス玉
壊れる事さえ許されず
修復不可能な恋に涙する


             私の心 貴方の一言でこんなにも落ち込んで
             貴方の一言でこんなにもはしゃいで
             貴方の一言にこんなに左右されて
             すっかり貴方に支配されている


信じてるって言葉
責任感を負わせるみたいで嫌なんだけど
今の私には 貴方を束縛できる唯一の言葉
曖昧な言葉と判りつつ・・・・

  
             言葉に出来ない事がある
             それは 言葉にしてはいけない事だから
             本当は伝えたい言葉が頭に浮かんでるけど 
             言えないのは理由があるから


誰もが孤独を隠し持って生きている
それを吐き出し淋しいと訴える私は
何て愚かなんだろう


 

posted by ヒロ at 11:39| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月13日

失恋

     「言いたい言葉」

あなたに言いたい言葉が三つあります
一つは「ありがとう」
一人ぽっちでいた私に声かけてくれて「ありがとう」
優しく接してくれて「ありがとう」
楽しい思い出を「ありがとう」
二つ目は「ごめんね」
淋しさに耐えかねてわがまま言って「ごめんね」
貴方を信じ切れなくて「ごめんね」
そして三つ目は「淋しい」
「淋しい」「淋しい」「淋しい」・・・・・
でもこの言葉は 呑み込みます
「ありがとう」「ごめんね」
この言葉だけ伝わりますように・・・ 
                                 
                          「 涙 」
                  逢える日の前の嬉しい気持ちを思い出し
                  涙・・・・・・・ぽつり
                  貴方のやさしさをを思い出し
                  涙・・・・・・・ぽつり
                  楽しかった日々を思い出し
                  涙・・・・・・・ぽつり
                  決心した最後の言葉を思い出し
                  涙・・・・・・・ぼろぼろぼろ
                  こうやって何粒の涙を流せば
                  忘れる事が出来るんだろうか・・・


「ため息一つ」

お気に入りのマグカップ
ちょっぴり甘めのミルクティー
レースのカーテンふんわりと
頬を擽るのは春の風
ため息つくと幸せが逃げるよ
誰かが言ってたっけ
小さなため息一つ
込み上げてくる悲しみ 
焦燥感に押しつぶされそうになり
大きなため息一つ
取れない胸の痞え
ふと外に目をやると
白い紋白蝶が楽しそうに
花の廻りを飛び回っていた
紋白蝶さん そんなに楽しいですか??


                   過去を振り返るばっかりじゃ虚しい
                   けれど・・・・・
                   未来を夢見る事も出来ず
                   ただ・・・・・
                   私は漠然と今を生きている
 

posted by ヒロ at 16:35| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月09日

短詩

「自分ロード」                     
私の人生だから
自分に素直に
正直に生きれば
それでいい
私が私らしく生きる事
それが一番大切
そしていつの日か
ありのままの自分を
受け入れて貰えたら幸せです
                               
                       「こだま」                   
                   愛してるよと言えば
                   愛してるよと応えてくれ
                   好きなのと言えば
                   好きだよと応えてくれ
                   そんなこだまのような言葉のやり取りが
                   心の底から楽しいと思えた
                   ずっ〜とずっと続けられたらよかったな
    「抹  消」
メールに書かれた文字は消す事が出来る
でも心の中にはいつまでも残っている
忘れてしまいたい言葉
消してしまいたい言葉
メールの文字は消し去ってしまっても
心にはいつまでも残っている
どうぞ・・・
心の中の傷ついた部分を消せる
消しゴムがあれば私に下さい
   
                     「惰  性」                 
                 自分に与えられた時代の中で
                 何を感じて生きられるか
                 限られた時間の中で
                 どれだけステキに生きられるか
                 そう言う長いスパンで感じる事が出来ないで
                 ただ惰性で今日を生きている
    「言  葉」

私の心に突き刺さった言葉 
出来る事なら オブラートで包んで欲しかった
そしたら 苦味も痛みもすべて丸め込んで
飲み込めた筈なのに
たとえ それが嘘で作られたオブラートでも
構わなかったのに・・・・・・
                       「変  化」
                 今の自分が嫌でたまらない
                 ならば何かを変えなくてはならない
                 なのに・・・・
                 何から変えたらいいのか判らない 無智な私
                 変える前の方がよかったと後悔したくない 臆病な私


 

posted by ヒロ at 16:31| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月20日

別れ

手の中の幸せを
自分で壊してしまった
残るのは深い後悔
そんな生き方しか出来ない
憐れな私を
許してくれますか
                       理由なんていらなかった
                       貴方と私がすることに
                       理由付けなど必要なかった
                       それなのに・・・・
                       今となって理由を欲しがる私
                       哀しいね
何も変わらない朝起きて仕事に出かけ
時間がくれば家に帰り
食事をし お風呂に入る
そしてゆっくりとパソコンに向かう
何も変わらない
ただ 受け止めてくれる人が
いなくなっただけのこと
それだけの事なのに
こんなにも心が苦しい
                       心にぽっかりとあいた空洞
                       この穴を埋める事が出来るんだろうか


貴方と巡り合えた幸せ
楽しく語り合えた日々
浮かんでくるのは優しい言葉
忘れる事は出来そうにないのです
だから このまま
忘れてしまうんじゃなく
大切に抱えて生きて行こうと思います
 

posted by ヒロ at 11:47| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。