2009年12月04日

カラオケ

カラオケに行くといつも唄う大好きな曲にミニ詩をつけてみました。

あの窓も この窓も灯が灯り 暖かな幸せが見える〜♪ (香西かおり)
  
    ねぇ・・あなたの幸せはあの窓の中にあるの?

    どんなに愛していても入り込めない領域

    あの窓の灯りは幸せの証なの?

    家中の灯り点けてみたけど・・・

    外から見たら幸せの灯りに見えるのだろうか

    こんなに淋しく独りっきりで泣いているのに・・・
 
 泣き出してしまいそう 痛いほど好きだから〜♪ (テレサテン)
 
    あなたが好き・・・

    苦しくて・・・切なくて・・・

    あなたを想うと
 
    心がチクチク痛いの・・・

    お願い・・・好きって言って

    愛してるよって言って・・・

    そしたらきっと・・・

    心が笑顔取り戻せるから

強がりはよせよと笑ってよ ひとりが好きなのと答えたら〜♪ (中島みゆき) 
 
    あなたから 帰るって言葉聞きたくなくて

    いつもわたしが帰る時間だよって言うよね
   
    本当はずっと一緒にいたいよぉ

    でもわがまま言って困らせたくないもん

    だから精一杯明るく時間ですよ〜って言うの

    強がってはいるけど・・・・

    わたしの心の奥の淋しさは

    きっとあなたは分かってくれるよね
 
報われなくても 結ばれなくても あなたは ただ一人の運命の人〜♪ (ドリカム)
 
     愛してるよって言えなくて

    そっとあなたの手を握る

    愛してるよって言えなくて

    あなたもそっとわたしの肩を抱く

    悲しいことは思いたくない

    ねぇあなた 優しいキスをして・・
 
私は今 南の一つ星を見上げて誓った〜♪ (今井美樹)
 
     星に誓います

    あなたを困らせないこと

    あなたの足手まといにならないこと

    あなたの前ではいつも笑顔でいること

    そして・・・・・

    あなたを愛し続けることを
  
想い出河へと身を投げて. もう私はどこへも. 流れない〜♪(中島みゆき)
 
    あなたと離れてどれくらいになるのだろう

    わたしの時はあの頃に止まったまま

    だって・・・

    あまりの悲しさに耐えられなくて

    想い出の中にしか生きられなくて・・・

    ずっとずっと一緒にいるの

    愛してくれるあなたの元に・・
posted by ヒロ at 17:40| Comment(8) | TrackBack(0) | 独り言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月29日

愛について・・・

愛・・・・誰でもが持っている気持ち

例えば、満員電車の中でお年寄りに席を譲ろうかどうか

迷っている その気持ちが愛なのです

例えば、道端で倒れている人に手を差し伸べようかどうか

迷っている

たとえ、差し伸べることなく通り過ぎたとしても一瞬でも

そう迷ったことに愛があるのです

例えば、ドキュメンタリー映画を観て涙する

悲しい物語を読み涙する

そこにも・・・・・・愛はあるのです

そして、どんな人にも愛は与えられます

ただ・・・悲しいことに

愛が見える人 愛を感じられる人

そう言う人達だけではありません

理屈っぽい人 素直でない人には

愛を愛と受け止められないのです

確かにそこに愛はあるのに・・・・・


             どんなに嫌でも切っては切れない仲

             それは自分です

             一生付き合って行かなければならないのだから

             まず、自分を愛さなくてはならないのです

             愛する事が出来るような自分にならないと駄目なのです



                          無償の愛は美しいのだけど

                          なかなかそう言う愛を持てない

                          愛すれば、欲が出てくる

                          独占したいとか・・・

                          愛の見返りを求めたり・・・

                          この気持ちは恋愛に限らず

                          どんな愛にも共通している

                          例えば、友達関係の中でも

                          これだけしてあげたのにとか

                          つい思ってしまう

                          例えば肉親に対してでも

                          どうして?とか思う事がある

                          これは、自分がしてあげたと言う

                          思い上がりがあるからのこと

                          愛とは与えたり、貰ったり

                          そんな物ではなくて、

                          もっと温かい心のふれあいだろうね
posted by ヒロ at 20:43| Comment(2) | TrackBack(0) | 独り言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月20日

ツブヤキ

                             溢れ出る 思いはすべてからまわり
 
                             受け止めてくれる人もなく ただひとり
 
愛しいと 思う条件はなんですか?
 
少しでもそれに近づきたいのです
 
                             誰かに必要として貰えたら
 
                             それだけでわたしが生きている価値がある気がする
 
溜め息は貴方を愛したやるせなさ
 
一方的な愛の押し付け
 
                               触れ合わなくても恋は出来る
 
                               貴方を知ってそう思ったの
 
回る回るわたしの想い
 
愛してくれぬ人の周りで
 
                               欲しいのは 即効性のビタミン愛
 
                               愛を育む心の余裕がないのです
 
もし夢で逢えたなら
 
大きな胸で抱きしめてね
 
                               好きなのと言えば好きだと応えてくれる
 
                               幸せゆらゆらやじろべい
posted by ヒロ at 21:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 独り言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月18日

ヒトリゴト

満たされない心のやり場を

どこかに求め彷徨っていた

時折押し寄せてくる孤独の波に

怯えながら ただ・・・

誰かにいて欲しいと願った

こんな私がいつまでも待ってるよと言った事

多分貴方は無理だと思ってるでしょね

でも何故だか今は凄く強い自分になれてる

待つ人がいると思っただけで

淋しさを忘れられる

いつの日か貴方が微笑んでくれる事だけを

夢見てずっとずっと待ってます


                          私の今までを振り返ると

                          いつも相手次第の生き方になっている

                          相手に合わせているだけ

                          相手がこうだから 私はこうしよう

                          相手がこう言うから 私はこうしなければ駄目

                          相手の出方で自分の行動を起こすのが今までの自分

                          もう少し強くなれたら

                          相手の出方は関係なく

                          自分の意思で行動できるのかも知れない

                          相手に合わすのはある意味楽な生き方ではあるけど

                          絶えず 気持が不安定で落ち着かない

                          これからは少し考え方を変えて

                          マイペースを保てるように生きてみたいと思う


さらさらさら・・・・・

流れる流れる時の砂

さらさらさら・・・・・

確実に確実に時は流れる

                        目を閉じて 大きく息をする

                        意識を集中させ 何度も大きく息をする

                        様々な不要な思いや映像が薄れて行く

                        無になった瞬間 ぼわっと浮かんでくるもの

                        映像であったり 思いであったり

                        人それぞれだけど

                        それが今自分に一番大切なものなんだよね

大きな空を見上げ

雲の動きを追ってたら

何故だか一筋の涙が頬を伝った

雲ひとつない真っ青な空だったら

心が晴れるのだろうか

                       心ってなんて不確かなものなんだろう

                       自分でさえ持て余してしまう心

                       今は何も考えず

                       時の流れに身を委ねてみようか・・・
   

       今年の夏はやけに暑く感じられた

                  心が燃えていたからか・・・・
   

                
        笑いたければ笑えばいい

                  これが私の生き方と前を向く



        いつも笑顔でいたいけど

              ごめんね・・・・・

                  私そんなに鈍感じゃないの
posted by ヒロ at 09:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 独り言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月19日

ラブレター

どこか旅行にでも行きたいなぁ。

行き先を決めず、行き当たりばったりで1週間位ゆっくりして来たい。

温泉に浸かり、美味しい物頂いて綺麗な景色を見たいな〜☆

最近心も身体も疲れ切っている。

もっと心にゆとりを持たなくちゃと思うんだけど

ゆとりが持てないのは、私の考え込んでしまう性格にある。

楽天的に、もっと楽しく生きられたらいいんだけど。

例えば、右を向いとけって言われたらとりあえず右を向く。

約束を破ってまで左を見ようとはしないけど、左が気になって仕方ない。

色々と考えてしまう。どうして見たら駄目なんだろう。

何か見たらまずい事があるんだろうな。

どんどん考え込んでしまう。

一つの言葉でも凄く重く感じられる事があってすぐ裏を感じ取ってしまう。

相手はそんな気持ちで言ったんじゃなくても勝手に思い込んでしまう。

もっと素直になれたらいいんだけど。

可愛い女にはなれないなぁ。


                              雨って 空が泣いてるんだね

                              人間のたくさんの悲しみに代わって

                              涙を流してくれてるんだね。

                              時には優しく 人々の心を癒し

                              時には激しく 心に訴え

                              そして 時には私の涙さえ隠してくれる

                              どしゃぶりの雨の中で貴方を待つ私を・・・


人と争ったら駄目 自分が悲しくなるだけだから

人の前に出ようとしたら駄目 自分が苦しくなるだけだから。

自分がどれだけの女か十分分かってるつもり。

だから・・・・・・・

マイペースで生きて行けたらいいんだけど。

消しきれない想い   辛い

消したくないと思う心    醜い

葛藤の中で生きている。


                                見ざる 聞かざる 言わざる

                                何も見なければ苦しむ事はない。

                                何も聞かなければ悩む事はない。

                                何も言わなければ災いはない。

                                でもつい気になって覗いて見たくなる自分がいる。

                                そしてそこにたたきつけられる現実。

                                現実から逃避してしまいたくなる。

                               
どうしても海が見たくってちょっとドライブして来ました。

海はステキです。

悩み事があると海を見たくなる。

そして、海は教えてくれる。

私の悩み事なんか、ちっぽけな事だと。

雄大な海を見てると強張っていた心が和らいでくる。

押しては引く波を見てると辛い気持ち、悲しい気持ち

すべて吸い取ってくれるような気がする。

長い時間、ずっと海を見つめていた。

今は、お陰で随分気持ちが落着いてる。


                     ラブレター

                誕生日前の一日を彼と過ごせた

                自分の愚かさに嫌気がさしながらも

                恥もプライドも捨てて、もう一度逢って貰える?

                彼は気持ちよく、いいよと言ってくれた

                私はもう元には戻れないと思ってた

                でも、最後にどうしても伝えたい事があった

                逢うといつも通りの優しい顔 声

                どうしてそんなにばたばたするのか

                冷静になりなさいと言う言葉

                そうなんだ 私が独りでジタバタしてたんだ

                彼って大人なんだなぁ。

                こう言えば、こうしてくれるんじゃないか

                って言う駆け引きも彼には通用しないんだ

                あくまでもマイペースを崩さない彼

                悔しいけど私の負け

                だって連絡出来ない2週間

                凄く辛かった 淋しかった

                もう駆け引きなんて、姑息な手段使わず

                彼の事を信じて一緒にいたいと思う

                マイペースに進む貴方だけど

                時々は振り返って見てね

                いつも いつも貴方だけ見てるよ

信じてるって言葉

責任感を負わせるみたいで嫌なんだけど

今の私には 貴方を束縛できる唯一の言葉

曖昧な言葉と判りつつ・・・・


  
        言葉に出来ない事がある

        それは 言葉にしてはいけない事だから

        本当は伝えたい言葉が頭に浮かんでるけど 

        言えないのは理由があるから



誰もが孤独を隠し持って生きている

それを吐き出し訴える私は

何て愚かなんだろう

posted by ヒロ at 21:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 独り言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。