2008年07月04日

日々思うこと

暖かい日差しをたっぷり含んだほかほか座布団のように

飛行機の中から見えるふわふわ座布団の雲のように

そんな風に人を愛せたらいいね

                                        今まで流したたくさんの涙は

                                        今こうして笑っていられる

                                        そのためだったんだろうな

私にとっての幸せの形が

みんなに当てはまるとは思わない

幸せの形は一人ひとりみんな違うけど

みんなに共通している幸せの一要素

それは平和であること
                                     自分のせいで

                                     二人の仲が壊れてしまった時

                                     凄く後悔する

                                     あんな事しなきゃ良かった

                                     あんな事言わなきゃ良かった

                                     辛くて苦しくて遣り切れない

                                     でもそれ以上の辛さを

                                     相手も味わっている

                                     その事になかなか気付かない

                                     自分の悲しさで一杯いっぱいで・・

                                     相手の苦悩に気付いた時

                                     本当の意味で後悔する

                                     相手のせいで二人の仲が壊れた時

                                     どうして?何で?

                                     相手のことを憎んだり恨んだりする

                                     でも時が経ち許せるようになった時

                                     初めて自分の至らなさに気付く
悲しいけれど 

どんなに好きでも

どんなに愛していても

お別れになることがあります

その時の最後の言葉は

恨みつらみ押し殺 してでも

キレイな言葉で終わらせたい

共に過ごした日々を

醜いものにしたくないから

さようなら 今までありがとう 元気でね

そこまで言えたら完璧

時が過ぎ どこかですれ違うことがあっても

顔を背けることなく笑顔を向けられるでしょう
posted by ヒロ at 12:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 独り言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月03日

日々思うこと

生きて行く上で最低限必要なもの

住む家 食料 清潔な衣類

これだけあったら生きられるのに

随分いらない物を買い続けてしまった

自分を飾る為のものも多かった

人の目を意識して見栄で買ったものもあった

自分に自信があったならそんなに飾る必要はないのに

もう何もいらない

これから先はシンプルに暮らしたい

そう気持ちを切り替えたら

庭の草花がいとおしくなった

                                   欲しいものを手に入れる為に

                                   一生懸命努力する

                                   でもそれが報われるとは限らない

                                   例えば愛

                                   愛が欲しくて一生懸命

                                   愛されるように努力する

                                   それでも愛されるとは限らない

                                   時に重く感じられたり

                                   時に鬱陶しく思われたり

                                   だから愛される努力なんていらない

                                   自然な自分でいることが大切

地球って言う 

丸いものの中心に

誰もが皆立っている

かけって転んだって

つまずいてずっこけたって

丸いものの中心という

ポジションは変わらない

起き上がって立ってみれば

大きな丸いものの中心に

いつも自分がいる

だから・・

何も恐れる事はない

                                   人類の歴史を思う時

                                   私の生涯なんて瞬きする間

                                   このほんの短い時の筈なのに

                                   何と苦しいことの多いことか・・

                                   何と悩みの尽きないことか・・

そんなに急いで何を追いかけているの

そんなに慌ててどこに行くの

目の前の安らぎに目もくれないで
posted by ヒロ at 08:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 独り言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月02日

幸せ 不幸せ

        「 幸せ 不幸せ 」

自分の幸せ、不幸を人のせいにしてませんか?

人にすべてを依存し、人に揺れ動かされ

幸せも不幸も人によってもたらされると思ったら大きな間違いです。

幸せになりたかったら自分が幸せになる道を選び、決断し

幸せになろうと努力すること。

この人と結婚したから不幸になったと思っている人

よく考えて見てね

結婚しようと思ったのは自分

この人と共に暮らしたいと思ったのも自分

今が不幸だと嘆くのなら、人のせいにしないで自分の判断を悔いるべき。

幸せも、不幸も自分の判断や決断、そして努力次第と思ってなかったら

人を恨んだり妬んだり、本当の意味で不幸な人間になってしまうのです

 


         「 今この一瞬 」

今、この一瞬は自分の人生路の大切な一点です。

この一瞬一瞬が、過去となり未来へと確実に繋がっていくのです。

今の判断次第で、未来は大きく変わっていくのです。

だからこそこの一瞬一瞬を大切にしなくてはならないのです。



 
        「 心のスクリーン 」

同じものを見てどう感じるかは人それぞれで

例えば打ち上げ花火を見て

ある人は単純に感動し

ある人は昔のことを思い出し

またある人は帰りが込み合わないかと不安がよぎったりしている

目にしている対象物は同じでも

それぞれの心の中のスクリーンには違うものが映っていたりする

これはその時の心の表れであったり

自分の今までの体験に基づいていたり

同じ一つのものを見ても 千差万別の見方があると思ってないと

相手の態度に不満を抱いたり戸惑ったりしてしまうんではないかな




        「 謙虚に生きる 」

無い物はございませんと謙虚に言えることが大切だと思う

見栄を張り、無い物をあるように見せかけようとするから

返って自分が小さくなっていくんじゃないかな

そして、欲しいがあまりローン地獄に陥ったり

大きな犯罪に結びついたりしていく

無い物はないんですと言える事が大切なんです。

お金がないなら、無いなりの生活をすればいい訳で

見栄を張り無理な生活を続けていてもちっとも楽しくないと思う

お金がかからないところにも、目の向けようでたくさんの

楽しい事が散らばっています。

自分が生きて行く上で本当に大切な物は何か。

自分自身にそう問い質した時に、ヴィトンのバックや

シャネルの時計など、何の意味も持たないのです。

持ってないのよってにこっと笑って言える

そんな心でいられたらなって思います。
posted by ヒロ at 19:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 独り言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月08日

独り言

        「母の事」
私の母は物事に対して凄く楽観的に捉えられる人だ
あまり怒ってる姿を見た事がないほどいつも笑っている
私が腎臓病で入院した時も、なんだか深刻そうな医師の態度に
不安を感じ、沈んでいた時も大丈夫大丈夫と笑っていた
後々教えられた事には、その時は透析になるかどうかの
瀬戸際だったらしい。医師からそれを聞いていた母なのに
私にはいつも笑顔でいてくれた母にどれだけ救われた事か
お陰な事に何とか透析を免れ完治しないながらも普通の生活に
戻る事が出来たのですが、母には感謝の気持で一杯だった
そして先日も、大切に育てていた浜菊が黄色くなってしまい
枯れかかっていた。母に聞くと植木鉢が小さいから水切れを
起こしていると言うので大きな鉢に植え替えたのですが、
大丈夫かなぁと言う私の問いかけに、生き返るよ〜と言う
いつもの楽天的な言葉。
私は母の娘でありながら、性格は全く逆でどうも物事に対して
悲観的に考えてしまいがちです。
どんなに悩んだり考えてみても、なるようにしかならないん
だから母のようにどっしりと構えていられたらいいんですが。
駄目だった時に初めて、あら〜とそれでも笑っていられる母
そんな母を見習いたいなぁと心では思っています。


                                             「澄んだ心で」

                                      聞こうとしても 聞こえない事が
                                      耳をふさぐ事で 聞こえてくる
                                      目を見開いていても 見えないものが
                                      目を閉じると 見えてくる
                                      冗舌をふるってみても 判ってもらえず
                                      口をつぐむ事で 分かってもらえることもある
                                      心で感じたり 感じられたり
                                      それって 凄く大切なことじゃないかな


       「支  え」

  どこかで泣いている人がいれば
  どうしたのって話しかけてあげたい
  どこかで悩んでる人がいれば
  辛いねって悩みを聞いてあげたい
  どこかで傷ついている人がいたら
  痛かったねって手当てをしてあげたい
  だって・・・・・・
  私もそうやって みんなに助けられて来たんだもん
  辛い時 淋しい時 苦しい時  
  一人ぼっちじゃ耐えられない
  みんな支えあって生きてるんだよね


                                           「光と闇の世界」

                            もしも、世界が光の世界と闇の世界に分けられたなら
                            私は、躊躇する事なく闇の世界に入るでしょう
                            光の世界は私にはまぶしすぎて落ち着けない
                            何もかもあからさまに映し出す光の世界に比べ
                            闇の世界は素直な自分でいられる
                            見せかけを飾る必要もないし
                           それに惑わされる事もない
                           心で通じ合っていられる世界
                           でも、大部分の人は光の世界に行くんだろうな
                           やっぱり私って根暗な性格なのかなぁ
 
posted by ヒロ at 10:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 独り言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月04日

独り言

一人ぽっちでいると
なんとなく 人恋しくて
たまらなく 切なくて
何もする気になれず
感情がこみ上げて来る事がある。
満ち足りぬ想いを
隙間だらけの心を
ほんの少しの時間でも
充たしてくれるのなら
たとえ見せかけでも
その優しさに触れてみたいと
想ってしまう弱い自分がいる
前はもっと我慢強かったのに
ずっと ずっと我慢して来たのに
淋しさを押さえられない自分がいる
少し暖かさに触れてしまったから
強い私に戻れなくなっちゃた・・・

                                  理解
    
                           分かってもないのに
                           分かった振りをするのは
                           簡単に伝わってしまうけど
                           分からないから
                           分かろうとする
                           一生懸命さは
                           なかなか伝わらないんだね
                           淋しいね・・・
   自分

本当に簡単な事を
難しく考えてしまう癖があると
自分でも分かっているけど
それは今まで生きて来た中で
自然と身についてしまった
自分を守ろうとするズルさなのかな
素直に信じられたらいいのに・・
 
posted by ヒロ at 07:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 独り言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。