2008年06月18日

一人相聞

        強がりが ふたりの間に距離を置く
                  素直になれぬ 自分が嫌に


        強がりと 分かっていても意地を張り

                  優しさかけれぬ 自分が嫌に


        耳元で 囁く愛の断片が

                  吾狂わせる 闇の彼方に


        我の前 羞恥を捨てて乱れ咲く

                  君愛しくて 囁き熱く


        君のこと 欲しいだなんて臭い台詞

                  言わなくていいよ 黙って抱いて


        くすくすと 笑い飛ばされ照れ笑い

                  緊張の糸 一気にほぐれ


        ひたすらに 謝る君のごめんねが

                  ナイフになって 吾胸抉り


        我のため 尽くしてくれた年月を

                  思えど償い 出来ぬ辛さ


        鳴かぬのか 鳴かされぬのか誰が知る

                  鳴かす鳴かせぬ 君の腕しだい


        プレッシャー かけられ挑む午前零時

                  艶やかな声 秘かに聞こえ

 
posted by ヒロ at 07:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 相聞歌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月04日

18禁相聞歌

                 
             淋しさや 虚しさ辛さすべて知る                                                                                  枕冷たく 涙に濡れて
 
                
          (返歌) そんなにも 悲しい想い抱かせし                                                                                今更ながら 我が身を責めて  
 
                     
                      淋しくて ふと見上げればきらきらと                                  
                                              煌く星が 夜空に浮かび  
 
                
         (返歌) 我祈る 夜空煌く星々が                                  
                                             淋しき君の 心を照らせと  
 
                      
                      うつむいて 恥らう君を引き寄せて                                   
                                             きつく抱きしめ 胸は昂ぶり   
 
               
          (返歌) 突然に 引き寄せられて君の胸                                                                                高鳴る音を じっと聞き居り  
 
                      
                     つじつまの 合わぬ言い訳する君を                                   
                                             憐れと思う ばかにとなろう  
 
                 
         (返歌) 逃げ道を 塞いでおいて問い詰める                                                                                君をなだめる ことも出来ずに
 
                        
                    今僕が 君に送れる安らぎは                                    
                                            さよならの向こうに あると言う事実   
 
                 
        (返歌) 悲しいわ わたしの求める安らぎは                                                                                君との今に あると言うのに  
 
                        
                    退屈を 噛みころすよに生あくび                                    
                                            不覚にも君 それを見てた    
 
                 
         (返歌) 生あくび する君さえも可愛いと                                                                                思える休日 午後三時   
 
                        
                      髪の毛を ざっくり切ったその訳を                                    
                                            知りたくもあり 知りたくもなく  
 
                   
          (返歌) ぷっつりと 髪を切ったその訳は                                                                               切り落とされた 髪に聞いてね 
 
                         
         その刹那 ほとばしる液受け止めて  
                   君の弛緩を 抱きしめていた  
 
                                                                                  
    (返歌) その刹那 宇宙彼方に吸い込まれ  
                   激しく燃える 君を抱きしめ
posted by ヒロ at 21:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 相聞歌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

18禁相聞歌

                                                                                                                                             耳元で 囁く愛に酔いしれて
                                               吸い込まれてく 君の世界へ
 
 
           (返歌) 君想う 熱き想いを囁いて  
                                               我も酔いしる 君の色香に
 
        
                        すべて知る 君の指先ゆっくりと  
                                                    吾を誘う 悦楽の淵
     
 
             (返歌) 柔肌を 強く優しく滑り降り
                                                     弱きポイント 揺す振りながら
 
 
                         吾が体 くすぐりながらついばんで
                                                     小鳥のように 蝶ちょのように
 
 
              (返歌) 舌先に 触れる蕾をついばれば
                                                      悦びの声 甘く切なく
 
 
                          花びらの 奥より香る甘き蜜
                                                       君のくちづけ 待ちて溢れる
 
 
             (返歌) 溢れ出る 君の情熱舌先に
                                                       絡まり甘き 蜜に酔いしれ
posted by ヒロ at 20:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 相聞歌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月01日

相聞歌


            ありがとう 文字で書くのは楽なのに 
                         口で言うのは どうして出来ぬ 

            (有り難う 口で聞かずも君の胸 
                         感謝の気持ち あれば嬉しく)


            ふらふらと さまよう心落ち着かず 
                         必死にもがき 出口さがす

           (きっとそう 出口そこだと気づいてる 
                         なのに躊躇う 未練あるから)


           しかしまだ 光が見えぬ闇の中 
                         このまま消えて しまいましょうか

           (一筋の 希望の光届きたる 
                         覆った手を取り 閉じた目開き)


           そうすれば この苦しみも消せられる 
                         自分自身の 体とともに

           (辛さより 逃れし君は幸せか 
                         残りし人に 苦しみ与え)


           果てしなく 命は続き託される 
                        君にまかせば 僕は要らない

           (この世には 不要の人の無かりけり 
                        生かされたるは 義務と思いて)


           生き物は 必死になって生きてゆく 
                        どんな苦難が 待ち受けようと

           (誰にでも 大なり小なり苦難あり 
                        それ乗り越えて 喜びありて)


           それなのに どうして人は思うのか 
                        生きる苦しみ あすへの不安

           (苦しみや 不安あるのが人間と 
                        開き直ってケセラセラ)

  
           喜びは すぐに忘れてしまうのに 
                        深い悲しみ いつまで残る

           (悲しみも いつか消えゆくその日まで 
                        時の流れに 身を任せたり)


           眠れない 布団に入り何もせず 
                        過ぎ行く時を ただ感じてる

          (温かき ミルクティなど飲みながら 
                        眠れぬ時を 楽しむもよし)   


           雲も無く 澄んだ青空日のひかり 
                        僕の心に いつか届けば

          (暖かな 優しき光君の胸 
                        届けと祈る 遠き空より)


この短歌はお友達から頂いた短歌に返歌したものです。
posted by ヒロ at 20:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 相聞歌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

一人相聞歌

 
         紫陽花の 色に重ねる吾心
                    淡く悲しき 七変化
 
     (返) 悲しくも 君の心が見えなくて
                    紫陽花の色 ただ眺めけり

         君見えず 見上げる月もかくれんぼ
                   心むさぼる 暗闇の夜

     (返) 一筋に 君の心を照らしたい
                   月にも負けぬ 優しき明かりで

         貴方など なくても生きてゆけそうよ
                   どうぞ戻って あの人の元に

     (返) 強がりの 裏の心の悲しみを
                   ただ抱きしめて 何も言えぬ我

         そのシャツに その靴下に浮かびくる
                   君に尽くせし 人の姿が

     (返) 君の元 現のしがらみ断ち切って
                   行ってやれない 我が身不甲斐なく

         逢うことの 叶わぬ君に この熱き
                   滾り伝える 術を教えて

     (返) 逢えずとも 君の温もり高ぶりが
                   伝わってくる 目を閉じれば

         逃げ腰の 君に縋って泣けるほど
                   けちなプライド 持ってないのよ

     (返) 逃げ腰と 取られる辛さこんなにも
                  愛してるのに 何故伝わらぬ

         君のこと すべて知りたい今どこで
                  何をしている 何を思って

     (返) いついつも 思うは君のことばかり
                 我も知りたし 君の心を

         何故こんな 哀しい恋を選んだの
                 鏡の吾に 問いかけてみる

     (返) 慰めの 言葉もなくてうなだれる
                 罪深き恋 今更ながら

         忍ぶ恋 すべてをかけて愛します
                 だから愛して それだけでいい

     (返) 愛してる 天地神明君だけを
                 この胸割って 君に見せたし

         時間だね どうぞ戻ってかまわない
                 心はここと 信じているから

     (返) 抜け殻の 我に冷たき人ありて
                 酒でごまかす 君を思いて

 
posted by ヒロ at 20:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 相聞歌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。